111120 “晩秋の蝶たち 2” 東京都

晩秋とは思えない汗ばむような一日、近場のポイントを一通り巡ってみた。
毎年晩秋になるとムラサキシジミが多く見られるようになる場所に行ってみるが、今年はほとんど姿が見えない。代わりにテングチョウが現れたが、すぐに葉の陰に潜り込んで休眠体勢に。この蝶の越冬状態は見た事が無いが、こんな感じだろうか。
画像


山頂に登ると、ベンチでダイミョウセセリが日光浴。例年なら10月に姿を消すが、この蝶も今年は一化多い発生だろうか。
画像


川原ではまた新鮮なウラナミシジミが増えてきた。
画像


画像