あやはべる/撮影日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 111211 “冬の観察対象” 東京都

<<   作成日時 : 2011/12/22 23:37   >>

トラックバック 0 / コメント 12

<前回の続き>

いつもは通らない森の中の薄暗いルートを進んで行くと、道の脇に一目でピンとくる植物を発見。
画像

近付いてみると、案の定、特徴的な食痕が・・・。
画像

食痕のある葉を次々にめくっていくと、アサギマダラの卵や幼虫が見つかった。


画像

6匹の幼虫を発見。同じ倍率で比較。
画像

1:一番若齢の幼虫。まだ普通のイモムシの形態。葉の裏にミステリーサークル(?)を作ってその内側を食べている。
画像

2:角が生えて模様もはっきりした個体。ミステリーサークル作成中。
画像

画像

3:黒い頭部にグレーの模様が現れ始めた幼虫。4の個体も同様。
画像

5:長さは2〜4の幼虫と同じくらいだが、頭部が異様に大きく、隈取りのような模様がはっきり現れた個体。
画像

6:一番成長した個体。背中の斑紋も黄色くなり、アサギマダラの幼虫らしくなってきた。
画像

なんともユニークな顔つき。
画像

参考画像:7月に山梨県で撮ったアサギマダラ幼虫。6の幼虫よりさらに成長した姿。
画像

11月13日に近所で撮ったアサギマダラ。
画像

こんな晩秋になぜ南に行かずにとどまっているのかと不思議に思っていたが、今回の卵や幼虫の発見で謎が解けた。調べてみると、本土でのアサギマダラの幼虫が越冬可能な地域は、食草のなかでも冬に葉を落とさないキジョランの分布と一致しており、八王子市はキジョランの生育北限ライン上にあるらしい。今回見つけた幼虫や卵が付いていた植物がまさにキジョランであった。

普段、幼虫は殆ど撮影しないが、マダラチョウ科の幼虫は派手で写真写りが良いので、成虫越冬種の期待出来ない今冬は、良い観察対象になるかもしれない。しかしこのままでは、春先まで毎回幼虫メインの記事になる可能性が・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
アサギマダラの越冬幼虫ですか。
確かに晩秋までアサギマダラがいて、どうするんだろうと思うことがありますが、こんな感じで越冬しているんですね。
これからの観察対象が増えておめでとうございます。
記録楽しみにしています。
ダンダラ
2011/12/23 18:08
高尾はかなり寒いと思いますが、山頂近くでも越冬しているようですね。
狭山ではガガイモでしたが、冬には姿が見れなくなりました。
野外で蛹を観察したいです。
BANYAN
2011/12/23 18:51
今年2月、小田原近郊の山中でアサギマダラの幼虫がキジョランの葉を食べて、元気に越冬していました。
これからの観察続報楽しみにしています。
ヒメオオ
2011/12/24 20:43
ダンダラさん
南方系のイメージが強いので、こんな寒い地域で越冬出来るとは思わず全くノーマークでしたが、偶然見つける事が出来ました。
幼虫の観察や撮影は全くの素人なので、勉強も兼ねて取り組んでみようと思います。
furu
2011/12/25 00:02
BANYANさん
山頂近くで越冬ですか。現状はキジョランの分布に依存してますが、幼虫自体の耐寒性はもっと強そうですね。
ガガイモやイケマは落葉するので、冬は観察出来ないですね。
蛹になるまで観察を続けたいです。
furu
2011/12/25 00:03
ヒメオオさん
その記事は拝見しました。恥ずかしながら、それまで幼虫越冬だと知りませんでした。
観察記録としては単調になりそうなので、撮影に工夫しないといけませんね。
furu
2011/12/25 00:03
そちらの方ではアサギマダラが幼虫越冬するんですね。初めて知りました。
これからの観察を楽しみにしています。
cactuss
2011/12/25 10:27
cactussさん
私も今回初めて知りました。
群馬県は越冬可能ラインの外側にあるようですが、温暖化で越冬出来るようになるかも知れませんね。
今日様子を見に行ったら、更に3匹見つかって計9匹になりました。
furu
2011/12/25 18:24
冬の間もゆっくりと食事をとりながら過ごす幼虫達、逞しく、またマイペースなイメージで、一気に好感度アップしてしまいました。
写真もいつもながら美しく見応え充分でした。
ミステリーサークルはどうして出現するのでしょう?面白いものですね。
美しい蛹にも早く会いたいものです。楽しみにしています。
naoggio
2011/12/26 17:31
naoggioさん
各成長段階の中では、幼虫が一番越冬に向いていないようなイメージがありますが、意外と頑張ってますね。
ミステリーサークルは、葉に含まれる有毒成分をある程度遮断するためだという説があるようです。
食草の裏で蛹化するらしいので、蛹は見つけ易い方ではないでしょうか。
furu
2011/12/28 21:11
furuさん、アサギマダラ卵・・・精密写真が生きている素晴らしい写真ですね。このチョウ・・・=卵写真=だけ未撮影になっています、素敵だな。
chochoensis
2012/01/30 09:12
chochoensisさん、ありがとうございます。
透明感があって綺麗な卵です。蝶の卵としては大きい方なので撮影も容易です。
食草さえあれば、わりあい簡単に見つけられると思います。
furu
2012/01/31 00:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
111211 “冬の観察対象” 東京都 あやはべる/撮影日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる