あやはべる/撮影日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 111120 “晩秋の蝶たち 2” 東京都

<<   作成日時 : 2011/11/23 22:02   >>

トラックバック 0 / コメント 8

晩秋とは思えない汗ばむような一日、近場のポイントを一通り巡ってみた。
毎年晩秋になるとムラサキシジミが多く見られるようになる場所に行ってみるが、今年はほとんど姿が見えない。代わりにテングチョウが現れたが、すぐに葉の陰に潜り込んで休眠体勢に。この蝶の越冬状態は見た事が無いが、こんな感じだろうか。
画像

山頂に登ると、ベンチでダイミョウセセリが日光浴。例年なら10月に姿を消すが、この蝶も今年は一化多い発生だろうか。
画像

川原ではまた新鮮なウラナミシジミが増えてきた。
画像

画像

一番多いのがヤマトシジミ。スレているが青の発色の良い♀を見つけた。
画像

眠りにつくヤマトシジミ。
画像

画像

珍しく小集団で眠る。
画像

越冬する前の越冬卵(?)を探そうとコナラの枝を調べてみると、ミズイロオナガシジミの卵が見つかった。
画像

卵探しの途中で見つけたゾウムシ。カシアシナガゾウムシだろうか。
画像

本日の目撃:キタキチョウ、モンキチョウ、モンシロチョウ、ウラギンシジミ、ムラサキシジミ、ベニシジミ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、テングチョウ、アサギマダラ、ヒメウラナミジャノメ、ダイミョウセセリ

画像

11月下旬なのに入道雲?
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
テングチョウ、こんな感じで越冬しているのでしょうね。確かに見た事がありません。
ダイミョウセセリですか、やはりプラス1化の可能性はありますね。
ヤマトシジミのアパートが面白いです。珍しい写真です。
新顔の猫さんですね。高貴なお顔です。左右で目の色が違う所がオシャレです。
naoggio
2011/11/23 23:39
そういえばテングチョウの越冬状態ってあまりきいたことがありません。
数は少なくないはずなのに・・こんな感じで目立たない形で越冬しているからでしょうかね。
ダイミョウセセリにはびっくりですが、私も先日自宅近くでもコミスジを見つけました。
今年はいろいろな蝶が秋遅くまで活動していますね。
私も
ダンダラ
2011/11/24 15:56
都心では、ムラサキシジミとムラサキツバメは昨年並みです。もっとも、絶対数自体が少ないので、郊外とは比較にはならないとは思います。
ダンダラさんの「秋遅くまで活動」を受けて、11月21日、羽化したてと思われるクロアゲハがいました。
otto-N
2011/11/24 17:30
「ムラサキシジミ」今年は何時もの埼玉県中部の公園でも、数が多くありません。例年なら4〜5頭日向ぼっこするポイントで昨日やっと1頭だけ見かけました。
ヒメオオ
2011/11/24 20:23
naoggioさん
テングチョウは身近な蝶の割には越冬中の姿も写真も見た事がありません。今後も注意して探してみます。
ヤマトシジミの小集団は初めて見ましたが、集合性があるような感じではなく、個体数が多くてたまたま集まってしまったという印象です。
この白猫は写真写りが良いですが、1m以内には近づけません。
furu
2011/11/26 09:22
ダンダラさん
テングチョウの越冬状態はあまり話題に上る事も無く、灯台下暗しな状態ですね。今後気をつけて観察してみます。
そちらではコミスジがいましたか。今年は暖秋の影響が大きいようですね。
furu
2011/11/26 09:23
otto-Nさん
こちらではムラサキシジミが非常に少なく、ムラサキツバメに至っては、一度も観察出来ていません。
11月のクロアゲハは驚異的ですね。千葉県に住んでいた時、12月上旬に羽化直後のアオスジアゲハを見た事があります。
furu
2011/11/26 09:24
ヒメオオさん
地域によっていろいろ差があるようですね。
ムラサキシジミは冬の間の貴重な被写体なので、もっと増えて欲しいですね。
furu
2011/11/26 09:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
111120 “晩秋の蝶たち 2” 東京都 あやはべる/撮影日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる