あやはべる/撮影日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 111113 “晩秋の蝶たち” 東京都

<<   作成日時 : 2011/11/14 01:42   >>

トラックバック 0 / コメント 8

晩秋とは思えない暖かい一日、近所のポイントを一通り廻ってみた。

この時期の主役、ヤマトシジミの青い♀。
画像

画像

♂に迫られていやがる青♀。
画像

驚いた事に、ヒメウラナミジャノメがいた。例年より1化多い発生か。
画像

山の方に入ると、ウラギンシジミ♀が現れた。
画像

画像

画像

画像

キタキチョウ
画像

しばらく見なかったベニシジミが、低温期型になって数を増してきた。
画像

茶の木の周りをゆっくり飛んでいた大きな蝶は季節外れのアサギマダラ。花にとまって吸蜜し始めた。
画像

画像

予想外のアサギマダラで日没広角。
画像

本日の目撃:キタキチョウ、モンキチョウ、スジグロシロチョウ、ウラギンシジミ、ムラサキシジミ、ベニシジミ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、アサギマダラ、ツマグロヒョウモン、キタテハ、ヒメアカタテハ、ヒメウラナミジャノメ、クロコノマチョウ

画像
勝手に膝の上に上がってきて寛ぐ根古田さん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒメウラナミジャノメ、新鮮ですね。
今年はなんだかんだ言って最近まで寒い日が続くことが少なかったので所により1化余計に生まれたかもしれませんね。
ウラギンシジミの最後、前翅裏外縁の黒点の列が効いていてかっこいいです。
根古田さんとは良い関係が築けたようですね。横顔が可愛らしいです。
naoggio
2011/11/14 11:04
naoggioさん
近所でヒメウラナミジャノメを見た最遅記録です。今までは暖かかったですが、今日から寒くなりましたね。
ウラギンシジミは普通に撮ると同じような画像ばかりが増えていくので、ちょっと撮り方を変えてみました。
去年の今頃まで猫に興味を持った事もなかったですが、根古田さんと三毛山さんのお陰ですっかり猫派になりました。
furu
2011/11/15 20:27
ヤマトの青♀への♂の求愛シーンどちらの表翅が綺麗で、良い画像になりましたね!
ベニシジミの正面からの顔もとっても可愛いです。
ヒメオオ
2011/11/15 21:43
ヒメオオさん
最初は♂の求愛を無視していた青♀でしたが、あまりのしつこさに嫌気がさしたのか、翅を広げ腹端を上げて拒否の姿勢でした。
シジミ類の顔は基本的に正面が可愛いですね。
furu
2011/11/17 21:34
ヤマトのオスはメスに振られっぱなしで、その瞬間を見たことがありません。
メスはすでに終えており、器官構造的に2回目以後は受け入れられなくなっているのか、拒否して逃げたとき、ついてくることのできたオスを選択しているのか、どちらかと思いますが、見ていてオスのしぐさは滑稽です。
あの突き出し方、思わず、笑ってしまいます。
otto-N
2011/11/18 16:13
お茶の花にはイチモンジセセリくらいしか来ないと思っていましたが、アサギマダラとは恐れ入りました。
愛野緑
2011/11/18 23:38
otto-Nさん
交尾拒否される♂には哀愁が漂いますね。
一度、交尾に至る過程を観察した事がありますが、その時は♀は全く無抵抗で、あっさり成立してしまいました。違いは何なんでしょうね。
furu
2011/11/20 20:03
愛野緑さん
お茶の花は意外と人気のようで、ウラナミシジミやヤマトシジミも来る事があります。アサギマダラは特に気に入ったようで、日が沈むまでこの周辺から離れませんでした。
furu
2011/11/20 20:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
111113 “晩秋の蝶たち” 東京都 あやはべる/撮影日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる