あやはべる/撮影日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 110925 “黄花秋桜” 東京都

<<   作成日時 : 2011/10/15 15:11   >>

トラックバック 0 / コメント 12

彼岸花の咲く川縁にはキバナコスモスの群落もあり、彼岸花には来ないタテハやセセリがよく訪花する。
イチモンジセセリ
画像

近所では初確認のウラギンヒョウモン。
画像

ミドリヒョウモン
画像

ツマグロヒョウモン♂
画像

画像

画像

近所では過去一度しか確認した事のないヒメアカタテハが、ツマグロヒョウモンと並んで吸蜜。
画像

今年は複数確認出来た。
画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
キバナコスモスに綺麗で、多彩な蝶が、賑やかに集まってきましたね!
チョウの翅の色が黄色や橙色を基調にしているのも面白いです。
ヒメオオ
URL
2011/10/15 18:03
この時期、里山降りのヒョウモン類の珍品探しも一興ですね。
流石にギンボシはいないのでしょうけど。
関西だと、ウラギンは低地産で見る可能性がありますが、関東では
珍しいのではないでしょうか?
fanseab
URL
2011/10/15 21:49
1枚目、最高です。
黄花コスモスはあまり好きな花ではありませんが、こういう撮り方があるとは、感嘆です。
ひとひねりした美しい写真、毎回、楽しみにしています。
otto-N
URL
2011/10/15 22:13
暫くアップされていなかったので、少し心配していましたが、活動開始で一安心。低地でのウラギンは関西でもあまり記憶はありません。
ノゾピー
2011/10/16 15:52
ヒメオオさん
キバナコスモスは花期が長いので、彼岸花より長く楽しめます。
確かにオレンジ系の蝶が多く集まる印象がありますね。
furu
2011/10/16 22:44
fanseabさん
秋になると、思わぬ所で高地から降りてきたタテハ類に出会ってドキッとする事がありますね。今年はシータテハを探してます。
ウラギンは低地でも見られそうな印象がありますが、よく考えると今回が初めてです。
furu
2011/10/16 22:45
otto-Nさん
高い評価ありがとうございます。
今回は蝶撮影の手法よりも、花撮影の手法を取り入れて撮影しました。今後も色々な撮り方を試してみたいです。
furu
2011/10/16 22:45
ノゾピーさん
ご心配をおかけしました。しばらく夏眠してました。
岡山の標高400m位の所でウラギンを見た事がありますが、関東の低地では初めてです。
furu
2011/10/16 22:46
前ボケや後ボケを見事に使いこなした美しい写真が並びましたね。
私的には1枚目、8枚目、10枚目、が好きです。
ウラギンヒョウモンは珍しいですね。山で冷たい風が吹いたのでしょうか?

naoggio
URL
2011/10/21 10:40
naoggioさん
このての手法は、昆虫に詳しくない花好きのカメラマンが蝶を撮る時によく使いますが、蝶専門の撮影者は記録を優先するためか、敬遠してあまり使いませんね。個人的には好きな手法です。
このウラギンヒョウモンは里に下りてきたのでサトウラギンの方でしょうか。(^^;)
furu
2011/10/21 22:22
そちらでの低山地〜平地でのウラギンヒョウモン、初めて見るような気がします。
さらに平地のマイフィールドでも、里降りミドリの他、オオウラギンスジヒョウモンも毎年やって来るようになりましたので、期待したいです。
grassmonblue
2011/10/24 18:57
grassmonblueさん
おそらく今までで一番低い場所で見たウラギンヒョウモンです。
他にはごく稀にクモガタヒョウモンやオオウラギンスジヒョウモンが見られます。ウラギンスジヒョウモンは減っているので可能性は低そうです。
furu
2011/10/27 20:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
110925 “黄花秋桜” 東京都 あやはべる/撮影日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる