あやはべる/撮影日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 110723 “富士山麓を歩く” 山梨県

<<   作成日時 : 2011/07/29 20:43   >>

トラックバック 0 / コメント 16

草原の蝶たちと会うために、久しぶりに富士山麓を訪れた。
まずはクロシジミ♂。
画像

続いて♀。
画像

疎林にはミヤマカラスシジミが多い。黒斑列がよく発達して前翅にも現れた♀。
画像

通常タイプに比べると、濃ゆい感じがするね。
画像

疎林の中の道を歩いていると、霧島緑さんに遭遇、しばらくご一緒させて頂く。
草原で霧島緑さんがヤマキチョウを発見。まさか7月に発生しているとは思わなかったので驚いた。
画像

サンショウの花が盛りで、多くの蝶が吸蜜に訪れていた。特にヒョウモン類が多い。
オオウラギンスジヒョウモン♀
画像

その後、霧島緑さんが産卵しそうなミヤマカラスシジミ♀を発見。しばらく様子を見ていると、小枝の付け根に産卵し始めた。そこで、このところ無駄な質量として体力消耗に貢献するだけだった卵撮影システムを久しぶりに取り出して撮影。
生みたてのミヤマカラスシジミ卵。
画像

ここで霧島緑さんが時間の都合で帰られることに。しばしのご同行ありがとうございました。
この時点でまだホシチャバネセセリが撮れてなかったので、草原に入り込んで探索する。ここへ来るには結構な交通費がかかるので、これを撮らないと元が取れない。(-o-o-;) この日は大勢の採集者が入っていたので、午後遅くからのホシチャ探索はかなり厳しい。

コキマダラセセリ♂
画像

コキマダラセセリ♀
画像

日が傾いてきた頃、ようやくホシチャバネセセリ♀発見。
画像

オミナエシを背景に。
画像

逆光で。
画像

陽射しが弱くなると開翅した。
画像

画像

本日の目撃:ヤマキチョウ、モンシロチョウ、ヤマトスジグロシロチョウ、ミヤマカラスシジミ、トラフシジミ、クロシジミ、ヒメシジミ、ルリシジミ、ウラギンスジヒョウモン、オオウラギンスジヒョウモン、ミドリヒョウモン、ウラギンヒョウモン、アサマイチモンジ、ホシミスジ、ジャノメチョウ、ホシチャバネセセリ、ホソバセセリ、ヒメキマダラセセリ、コキマダラセセリ、キマダラセセリ、イチモンジセセリ

画像
一見、遥か彼方に富士山があるように見えるが、実際は撮影している場所も富士山の斜面の一部。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
ここらあたりの草原での蝶探索は、熱中症との闘いでもありますね。
画像からも日差しの強さが想像できます。ホシチャ♀は採集者が引き上げた
頃、登場する習性があるんでしょうか?最後から2枚目の開翅は縁毛も
揃って素晴らしいですね!
fanseab
URL
2011/07/29 21:38
撮影したい蝶をすべて撮影して、すばらしい成果でしたね。
ここの草原では今まで、あまりいい思いをしていないので、うらやましいです。
卵撮影システムはさすがにすばらしいですね。
cactuss
2011/07/29 23:18
fanseabさん
この日は快晴で紫外線がきつかったですが、意外と気温は高くなく、湿度も低かったので、日陰に入れば楽でした。
実は、私が帰る頃でもまだ採集者が数名残っていました。最後に綺麗な個体に会えたので、この1匹に絞って撮らせてもらいました。
furu
2011/07/30 22:18
cactussさん
以前はヤマキチョウも撮りたくて8月に行っていたので、他の蝶の鮮度が良くなかったですが、今回は綺麗な個体が多く撮れた上に、除外したはずのヤマキチョウまで撮れて上出来でした。
卵撮影システムは出番がなかなかありませんが、こういうチャンスもあるので、重くても持って行かない訳にはいきません。
furu
2011/07/30 22:34
先日は大変お世話になりました。
炎天下の撮影はかなり堪えました。もう少しお付き合いしたかったのですが、帰りの渋滞などを考えると早めの帰宅となりました。
ホシチャもバッチリ撮影され、おめでとうございます。
卵撮影用システム、見事ですね。モニターで撮影した卵を見せていただいた時、すでに私の心が動きました。参考にさせていただきます。
霧島緑
2011/07/31 09:41
ホシチャバネセセリ綺麗に撮れてますね!
表翅の白い点の列がとても素敵です。

生みたてのミヤマカラスシジミ卵の映像凄すぎです。
卵下部の小さな窪み何かの器官になる部分でしょうか?
ここまでリアルに拡大して写せると色々気になったヒメオオです。
ヒメオオ
URL
2011/07/31 09:49
ヤマキチョウは早いですね。
僕も今度の週末あたりに狙いたいです。
広角のホシチャは新鮮で素晴らしいですね。
卵も鮮明で見事です。軽いシステムを作って売ってください。(^^;
BANYAN
2011/07/31 20:47
霧島緑さん、こちらこそお世話になりました。
お陰さまで予定外のヤマキチョウまで撮れて満足な撮影行になりました。あのあと粘った甲斐あってホシチャも撮れました。
卵撮影用システムも持って行った甲斐がありました。ぜひ霧島緑さん流システムを完成させて下さい。
furu
2011/07/31 20:56
ヒメオオさん
ホシチャは最後に沢山の網から逃れた運のいい綺麗な個体に出会えました。
生みたてのミヤマカラスシジミの卵は、肉眼ではよく判りませんでしたが、薄いグリーンで綺麗です。くぼみの部分は幼虫が出てくる場所です。窪んでいる事によって、顎で食い破るときの取っ掛かりになっているのかも知れませんね。
furu
2011/07/31 21:10
BANYANさん
最初はスジボソヤマキの見間違いではないかと思いました。霧島緑さんごめんなさい。(^^;) この週末に撮影した方もいるようなので、来週ならばっちりでしょう。
ここでホシチャを撮ったのは、BANYANさんに教えて頂いた最初の訪問時以来です。
卵撮影システムは、近々発売されるPENTAX Qを使うと小型軽量システムが出来るのではないかと睨んでいます。
furu
2011/07/31 21:21
憧れのクロシジミ、ヤマキチョウと涎の出るような蝶が並んでいて羨ましく拝見させていただきました。富士山麓は・・・というか中央高速方面は渋滞が激しいのでなかなか足が向きませんが、こんな素晴らしい出会いがあるのなら是非訪問したいものです。その際は助言よろしくお願いします。
maximiechan
URL
2011/08/01 06:42
富士山麓にしては黒いクロシジミですね。クロシジミらしいクロシジミです。
ミヤマカラス卵、きれいですね。私は近頃老眼が進んで卵が見つけられません。
ルーペを携行しないとダメですね。
そんなに採集者がいるのですか?ホシチャも希少になってきましたからねえ。
気の早いヤマキさん、越年個体と遭遇しそうですね。
naoggio
URL
2011/08/01 16:00
maximiechanさん
この場所は色々な蝶がまとめて撮れるので、一度訪れてみて下さい。電車とバスでのんびり行くのも良いですよ。
水場が無いので、蚊に刺される心配が無くていいのですが、飲み水を充分な量持って行かないと大変な事になります。
furu
2011/08/01 19:49
naoggioさん
クロシジミは逆光のせいもありますが、♀は確かに良く見るタイプより黒いですね。
ミヤマカラスシジミの卵は霧島緑さんのナビゲートが無ければ見失ってたと思います。
採集者は多いですが、場所が広大なので、それほど気になりませんでした。
ヤマキは近くで確認するまで、越冬個体の生き残りかも知れないと思ってました。
furu
2011/08/01 19:59
furuさん、山麓の蝶・・・素晴らしいですね、驚いたのが=ミヤマカラすシジミ=卵=の写真!!!ビックリしました。それと、未だ撮影できない=ヤマキチョウ=・・・うーん素敵だな!!!最近は自宅周辺でくすぶっています・・・。写真が楽しみです・・・。
chochoensis
2011/08/10 19:32
chochoensisさん
ミヤマカラスシジミの卵は運良く産卵シーンに出会えたので撮れました。
ヤマキチョウはこれからが本番ですね。
この撮影以降、私も自宅でくすぶってます。(^^;)
furu
2011/08/11 23:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
110723 “富士山麓を歩く” 山梨県 あやはべる/撮影日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる