あやはべる/撮影日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 110615 “待ち時間に撮影 2” 兵庫県

<<   作成日時 : 2011/07/02 09:43   >>

トラックバック 0 / コメント 6

ヒメヒカゲの次に見つけたのはシルビアシジミ。
ちょうど時期が良かったようで、ミヤコグサがまとまって生えている場所では大抵見つかった。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ヤマトシジミ撮影の手法がそのまま使えるので撮り易い。
画像

この辺りを飛んでいるブルー系シジミのうち、約6〜7割がシルビア、残りがツバメシジミで、ヤマトシジミは見なかった。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
最後の草の上にチョコンと止まった写真に気持ちだけの「座布団」を贈呈いたします。背景が抜けて良い感じですね!
ヒメオオ
URL
2011/07/03 16:05
ヒメヒカゲだけでも驚きなのにシルビアシジミまで・・・!
すごいですねえ。私もいつも病院漬け(親戚の世話)ですが、ヒメウラナミジャノメとヤマトシジミですね、せいぜい。
それにしてもきれいな写真が並びましたね。
3、4、9、10枚目大好きです。
naoggio
URL
2011/07/04 13:26
ヒメオオさん、座布団ありがとうございます。
最後の画像は背景が水面で、独特の雰囲気に仕上がりました。
furu
2011/07/04 20:07
naoggioさん
この地域では、ヒメヒカゲに比べるとシルビアはだいぶハードルが低いです。自前ポイント開拓も割り合い容易です。
私も最後の2枚が気に入ってます。撮り方はヤマトシジミと同じなので、設定の失敗などもなく気軽に撮れます。
furu
2011/07/04 20:19
最後の2枚は、特にきれいですね。
「ヤマトシジミ撮影の手法」を具体的に聞きたいところですが、止めときます。
(うーん、ヤマトシジミはなかなかこういうところに止まらない)
otto-N
2011/07/07 16:24
otto-Nさん
「ヤマトシジミ撮影の手法」は、主に逆光時の露出補正などです。
ヤマトシジミも夕方の活動終盤には草の先端によくとまりますよ。
furu
2011/07/07 20:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
110615 “待ち時間に撮影 2” 兵庫県 あやはべる/撮影日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる